入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

外科的手術を受けて人工歯根をあごの骨に挿入、そこにセラミックなどでできた義歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも違和感なく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないためはっきり言えませんが、治療後のメンテナンスをこまめにしていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのがこれまでの意見です。

であれば、自分の歯と同じようにそれ以上にケアするとかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れないでください。

歯科治療一般と、インプラント治療が大きく違うのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分残ったの歯の一部にかぶせるブリッジなどと異なりインプラントとあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、通常は再手術しか打つ手はなく、元の手術時より、大きく骨を削ることになります。

そのうえ、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、インプラント埋入手術は局所麻酔が使用されるのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

痛さを心配する必要はないのです。

切り開くあごを中心に、麻酔は完全にきかせていて手術に取りかかるからなにです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。